Sayaca 

 

        'Cada vez que me recuerdes'  (私を想い出してくれる度に)epsamusic 0802-02

                 Sayaca  with   Diego Schissi and  Carlos Corrales Trio         

                                                                                                                                                                                        

                                                 

                                                                                                2006年 ブエノスアイレス、スタジオ・コセンティーノにて収録

 

    Sayaca(ボーカル)

 ディエゴ・スキーシー  (ピアノ・アレンジ)

カルロス・コラーレス (バンドネオン・アレンジ)

ヘルマン・マルティネス (ピアノ)

 イグナシオ・バルチャウスキー (コントラバス・プロダクション)

 

                                                   

Saia は東洋人であり、彼女のタンゴは静謐なのですが、

必要な時には個性的な力強さと共に劇的な展開を見せ、

その時にこそ、彼女の最高の持ち味を味わうことができます。

 

彼女がブエノスアイレスで長く暮らす決心をしたことは、

疑いも無く、彼女に必要な、この港町が持つ雰囲気を注ぎ込むことになるでしょう。

 

私は彼女を知っています。粘り強く、繊細な女性です。

 

このCDの選曲は非常に良く選ばれています。

古典的なものに加えて、多くの人々が知らない曲も素晴らしい選曲です

 

私がただ言いたいのは、彼女の歌がタンゴにとって十分な存在感を示しているということです。

 

彼女を聴かなくてはなりません。    

 

 

タンゴ歌手

アメリタ・バルタール 

 

 

 

 

違いなくSayacaは、藤澤嵐子以来の日本が生んだ最高の、そして極めて個性的な歌い手である。

 

彼女は、タンゴに関する真摯な、そして永続的な研究が半世紀以上に亘って行われている、

日本の音楽的伝統の継承者であり、同時に革新の担い手である。

 

タンゴという音楽のジャンルが、アルゼンチン以外の国で、

最もよく演奏されるのが日本であることは、決して根拠の無いことではないのだ。

 

 

コントラバス奏者・プロデューサー

イグナシオ・バルチャウスキー

 

 

SayacaのCDは、とても気に入りました。

 

多くのアルゼンチンの歌手達さえもが理解しえない、タンゴ特有の屈折感に、

彼女がどれだけ取り込んだかということに深く感動しました。

 

これは、知的な、そして繊細なCDです。

 

彼女は、タンゴと言う別の世界の、別の文化に、コネなしに才能のみで、誠実に浸かったのです。

 

 

タンゴ歌手

リディア・ボルダ

 

                                                                                                               

唄の上手さと洗練された技巧に加えて、Sayaca は言語の深い理解にまで及ぶ、

尊敬すべき態度でタンゴに向かい合っている。

 

このCDは一級品であると共に、私はこのCDが好きだ。

 

”Cada vez que me recuerdes” のヴァージョンに見られるように、

アーティストとしてのある種の危険を伴った冒険が、

結果的に貴重な宝物を発見したように思わせるからだ。

 

                   

バンドネオン奏者

                  パブロ・マイネッティ 

 

 

 

 

 

 

 

 

このCDを亡き祖父に捧げます。

 

 

私が1年滞在するつもりで2002年の8月にブエノスアイレスを訪れてから、既に4年が経ちました。

 

幸運にも、CDのクレジットの欄で述べたように、

それぞれの愛、友情、そして仕事でのプロフェッショナリズムを通じて、

このアルバムが完成するのに私を支えてくれた人々に出会うことができました。

 

しかし彼らだけでなく、タクシーの運転手、カフェのウエイター、

そして本屋やキオスクといった道で働く人々の誰もが、

私が当初計画していたよりもはるかに長くこの場所に留まることを決意させました。

 

さらには、愛を与え、受け取ることを私に教えてくれ、

また自分が本当に誰なのかを知るためのスピリチュアルな生き方をすることに決めさせた、

このブエノスアイレスという場所の持つ、人を惹きつけてやまない磁石のような魔力が

私にそのようにさせました。

 

ブエノスアイレス。。。それは私の第二の心の故郷です。

 

 

2006年8月 

 Sayaca(Saia)